リュウグウノツカイじゃなく、サケガシラ?

サケガシラ

リュウグウノツカイ捕獲成功!

しかし、よく見てみると少し違う。
これには、あの独特な「タテガミ」が見当たらない。
ネットで調べた結果、同じアカマンボウ目のさかな「サケガシラ」みたいです。

離島ならではの話ですが、リュウグウノツカイは実際に見たことがあります。
それも数回、全て大きさは3メートルくらいでした。
今回のサケガシラは約50センチくらいでしょうか。
最初は生きていたんですが、すぐに弱って死んでしまいました。
大きめの水槽、用意しとくべきでした。・・・残念。
とりあえず、この「サケガシラ」は屋根の上に干しています。

「リュウグウノツカイ」 生きたまま捕獲 長崎市

謎の深海魚が生きたまま網にかかりました。


長崎市で8日、海岸から100mほどの場所に仕掛けていた定置網にリュウグウノツカイが入ったと水族館に連絡がありました。
リュウグウノツカイは主に深海に生息し、生きて泳いでいる姿を撮影した映像記録は多くはありません。
譲り受け、水族館が調べたところ、体長は3m30cmほどでした。
このリュウグウノツカイは9日午前1時すぎに死んでいるのが確認されました。
水族館では、生態解明の貴重な資料として役立てたいとしています。